【FGO】玉藻の前について解説!|各スキルや宝具の評価など

FGOの玉藻の前についてまとめました。周回性能が非常に高い全体宝具キャスターです。スキルや宝具、使い方などを確認していきましょう。

玉藻の前の基本ステータス

玉藻の前のステータス

ステータス(HP,ATKはレベル90かつフォウ君強化済の値)
HP15,259ATK11,546
属性中立・悪隠し属性天・神性

☆5キャスターの中では低めのATKを持ちます。逆にHPは高めとなっており、典型的なHP型サーヴァントです。

普通のサーヴァントはATKが低いことが欠点になりがちなのですが、そもそも玉藻の前の宝具は攻撃宝具ではありません。

なのでATKの低さは目立ちにくく、通常攻撃が低くても仕方がないという印象です。

ATKが低いから諦めているのではなく、サポーターなのであまり関係がないのです。

ステータスは欠点になるようなものではありません。☆4以下に比べればATKも高い値なので、十分と言えます。

玉藻の前のクラス

クラス:キャスターキャスタークラス

攻撃力が0.9倍になるマイナス補正がありますが、玉藻の前にはまったく影響していません。

むしろスター集中の補正が低いことから、他のアタッカーに乗るクリティカルスターを奪わないというメリットの方が大きいです。

クラスの特性上、ライダーにはめっぽう弱いのでそこだけは注意しておきましょう。

玉藻の前のスキル構成

※強化優先度:太字下線>太字>なし

チャージ減少スキル1:呪術 EX チャージタイム:7→5
効果:敵単体のチャージを高確率で減らす
スキルLv.1スキルLv.10
成功確率80%100%
↓強化後
チャージ減少スキル1:呪層・廣日照 A チャージタイム:7→5
効果:敵単体のチャージを高確率で減らす+自身をのぞく味方全体の宝具威力をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
成功確率80%100%
宝具威力アップ20%30%
強化クエストでアタッカーへのさらなるバフが可能に

もともと敵のチャージを減らすためのスキルでしたが、強化クエストにより味方全体の宝具威力をアップさせる効果も付属しました。

玉藻の前は対象外なのですが、玉藻の前の宝具は攻撃宝具ではないのでまったく問題ありません。

しかも3ターン持続という恐ろしい継続ターン数なので、安心して撃つことができます。

リチャージ時間も最短で5ターンと短めです。敵のチャージを減少する目的で使用しても宝具威力アップの効果が、アタッカーの宝具発動に間に合うケースも多いです。

味方全体でアップできる量としては最高クラスの倍率となっています。

スカディの登場で少し逆風気味だったArtsパーティの底上げをしてくれるスキルです。最終的にはレベル10にしましょう。

強化優先度はスキル3を考慮して2番にしました。最終的には10にするべきです。

 

防御力アップスキル2:変化A チャージタイム:7→5
効果:自身の防御力を30%アップ(1ターン)&防御力をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
防御力アップ10%30%
強化優先度は低め

自分の防御力をアップさせるスキルです。バーサーカーでもない玉藻の前には特に必要もないスキルと言えます。

強化優先度は3番目です。余裕があればレベルを上げる方針で良いでしょう。

Artsアップスキル3:狐の嫁入りEX チャージタイム:7→5
効果:味方単体のArtsカード性能をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
Artsアップ30%50%
↓変化後
Artsアップスキル3:狐の嫁入りEX チャージタイム:7→5
効果:味方単体のArtsカード性能をアップ(3ターン)&HPを回復
スキルLv.1スキルLv.10
Artsアップ30%50%
HP回復10002500
最高倍率のArtsアップスキル

玉藻の前の代名詞でもあり、玉藻の前のArtsサポーターの地位を不動のものとしているスキルです。

レベル10でのArts性能アップ倍率は驚異の50%で、他のサーヴァントを見てもこの倍率のスキルを持つサーヴァントはいません。

強化クエストでHP回復効果が追加されましたが、こちらはおまけのようなものです。

Arts性能の倍率を上げるためにも、最優先で強化すべきです。最終的にはレベル10まで上げてしまいましょう。

玉藻の前のスキル総評

スキル1の強化で、さらにサポーターとしての能力が向上しました。

もはやArtsパーティに必須と言っても過言ではないほどの存在です。

ガチャで恒常の対象ですが、欲しがるマスターが多い理由も頷けます。

スキル1とスキル3はレベル10、スキル2は可能な限り上げることを目標に頑張ってみましょう。

玉藻の前の霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目キャスターピースキャスターピース×52回目キャスターピースキャスターピース×12
ゴーストランタンゴーストランタン×8
3回目キャスターモニュメントキャスターモニュメント×54回目キャスターモニュメントキャスターモニュメント×12
凶骨凶骨×29蛮神の心臓蛮神の心臓×4
蛮神の心臓蛮神の心臓×2禁断の頁禁断の頁×12
素材合計銅素材凶骨×29
銀素材キャスターピース×17ゴーストランタン×8禁断の頁×12
金素材キャスターモニュメント×17蛮神の心臓×6
スキル強化素材
Lv1→Lv2術の輝石術の輝石×5Lv2→Lv3術の輝石術の輝石×12
Lv3→Lv4術の魔石術の魔石×5Lv4→Lv5術の魔石術の魔石×12
凶骨凶骨×15
Lv5→Lv6術の秘石術の秘石×5Lv6→Lv7術の秘石術の秘石×12
凶骨凶骨×29ゴーストランタンゴーストランタン×5
Lv7→Lv8ゴーストランタンゴーストランタン×10Lv8→Lv9世界樹の種世界樹の種×22
世界樹の種世界樹の種×8禁断の頁禁断の頁×24
Lv9→Lv10伝承結晶伝承結晶×1
素材合計銅素材術の輝石×51凶骨×132
銀素材術の魔石×51ゴーストランタン×45世界樹の種×90禁断の頁×72
金素材術の秘石×51伝承結晶×3

玉藻の前の強化素材について

第一部第四章で登場したサーヴァントの一種なので、要求する素材が他のサーヴァントと被りがちです。

中でも凶骨161の要求数は驚異的で、玉藻の前のスキルを上げるだけで凶骨が枯渇するでしょう。

とはいえ、玉藻の前は非常に強力なArtsサポーターです。スキル1とスキル3に関しては多少無理をしてでもレベルを上げることをおすすめします。

周回やイベントなどで、必要な素材は回収しておきましょう。

玉藻の前のクラススキル

陣地作成陣地作成A+:自身のクリティカル威力をアップ
神性神性A:自身に与ダメージプラス状態を付与

玉藻の前の宝具

玉藻の前の宝具宝具名:水天日光天照八野鎮石(すいてんにっこうあまてらすやのしずいし)
宝具属性:Arts
効果: 味方全体のスキルチャージを1進める&HPを回復&NPを増やす<オーバーチャージで効果UP>
↓強化後
効果: 味方全体のスキルチャージを1進める&HPを回復&NPを増やす<オーバーチャージで効果UP>
宝具Lv.1宝具Lv.5
HP回復20003000
OCLv.1OCLv.5
NP増加25%50%
便利なスキルチャージを進める効果

味方全体のスキルチャージを1進める効果が非常に強力です。

高難易度ではスキルのリチャージが敵の宝具に間に合うか間に合わないかの瀬戸際の問題があります。

そういったときにこの宝具を使用すると、敵の宝具に無敵や回避のスキルが間に合いやすいです。

また、同じ効果を持っているサーヴァントがとても少ないことも評価を上げる要因の一つです。

宝具を撃てるときは積極的に宝具を使用していきましょう。

NP増加も嬉しい効果

もう一つNP増加の効果もあります。OC1で25%程度のチャージができます。

OCのレベルが上がっていくとチャージできるNPの量が上がっていくので、複数のサーヴァントで宝具を撃つ場合は他のサーヴァントの宝具のOC効果がよほど良いものではない限り、後の方に持ってきましょう。

玉藻の前のコマンドカード性能

玉藻の前のコマンドカード

Quick1枚、Art3枚、Buster1枚の構成です。NP効率はやや悪いです。

Artsが3枚あるためArtsチェインが狙えますが、Arts単体の効率は悪めです。

Artsカードが3枚あるので、同じくArtsカードが多めのサーヴァントを編成してArtsチェインをやりやすい環境にしましょう。

玉藻の前が敵として出現した場合

宝具チャージ宝具チャージ5脅威度C
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

宝具チャージは5です。そもそも攻撃宝具ではないので放置していても脅威にはなりません。

HP回復の値も、敵の膨大なHPを考えれば大した値ではありません。

一旦放置して他のサーヴァントから撃破していきましょう。

玉藻の前に装備したい概念礼装

ATKの低いキャスタークラスなので、可能な限り玉藻の前のカードは選択したくないです。

そのため、攻撃をせずともNPが勝手に溜まる「プリズマコスモス」とは相性が良いです。

あるいは、Artsチェインを構成する一部として選択することはあると思いますので、Arts性能とNP獲得量がアップする「ペインティングサマー」や、NPをチャージしたまま戦闘を開始できる「蒼玉の魔法少女」がおすすめです。

概念礼装名効果
プリズマコスモス
プリズマコスモス
自身に毎ターンNP8%獲得状態を付与する

[限界突破時]自身に毎ターンNP10%獲得状態を付与する
ペインティングサマー
ペインティングサマー
自身のアーツカード性能を8%アップ&NP獲得量を8%アップ&NPを30%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のアーツカード性能を10%アップ&NP獲得量を10%アップ&NP50%チャージした状態でバトルを開始する
蒼玉の魔法少女
蒼玉の魔法少女
自身のNP獲得量を25%アップ&NPを40%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のNP獲得量を30%アップ&NPを50%チャージした状態でバトルを開始する

玉藻の前と共に編成したいサーヴァント

Artsのサポーターなので、Artsの宝具を持つサーヴァントとの相性が抜群です。

Arts宝具のサーヴァントは結果としてArtsのコマンドカードも多めなので、通常攻撃でもサポートを受けられます。

アタッカーのArts宝具サーヴァントと一緒に編成してあげましょう。

玉藻の前の総合評価

Artsパーティにおすすめのサポーター

Artsパーティに必須とは言いませんが、ぜひとも入れたいサポーターサーヴァントです。

他にもArtsのサポーターにはアマデウスなどがいますが、所持しているなら玉藻の前は迷う余地もなくパーティに入るサポーターです。

宝具でスキルチャージを早めたり、NPをチャージしたりもできるので、積極的に使用していきましょう。

短期決戦に向いたサポーター

スキル1で宝具威力、スキル3でArts性能のアップができるので、高難易度クエストなどで短期決戦を狙えます。

ブレイクゲージ制度が登場してから一気に倒すことは難しいですが、ブレイク後は獲得できるNPが跳ね上がるのでArtsのアタッカーのNPのリチャージができます。

上手くいけばNPを100%リチャージしてもう一度宝具を撃って倒すことも可能です。

コマンドカードの運によるので、AP消費の少ない高難易度で試せる戦法です。

アタッカーを守れる術はないので注意

強力なサポーターですが、アタッカーを敵から護れる術はありません。また、玉藻の前自身も敵の宝具には無力です。

スキル2で防御力アップがありますが、宝具のダメージを考えると生き残る方が珍しいくらいです。

短期決戦を狙う場合はおすすめですが、長期戦の場合はもう一人のサポーターに全体回避や無敵を付与できるサーヴァントを編成しましょう。

相手が単体宝具ならば、マシュやゲオルギウスも大活躍できます。敵の編成や行動を見てから、もう一枠を決めましょう。

玉藻の前のステータス
最新情報をチェックしよう!