【FGO】殺生院キアラについて解説|各スキルや宝具の評価など

☆5アルターエゴサーヴァント「殺生院キアラ」についてまとめました。運用法を見ていきましょう。

殺生院キアラの基本ステータス

殺生院キアラのステータス

ステータス(HP,ATKはレベル90かつフォウ君強化済の値)
HP15,402ATK12,668
属性混沌・悪隠し属性

ATK、HPともにバランスの取れたステータスです。同じく全体宝具であるキングプロテアや沖田[オルタ]にはATKでは敵いません。

ですがHPがかなり高めなので、どちらかというと長期戦に向いたサーヴァントといえるでしょう。

ステータスは☆5なので、全体的に見れば当然高い部類に入ります。フォウ君はHP、ATKともに1000入れておきましょう。

殺生院キアラのクラス

クラス:アルターエゴ

最近増えているアルターエゴクラスです。クラス補正での大きなマイナス、プラスはありません。

ライダー、キャスター、アサシンに対して1.5倍のダメージを与えられます。バーサーカーとフォーリナーには2倍です。

有利に攻撃ができるクラスが多い、かつ全体宝具サーヴァントですので、周回はもちろん、ストーリーなどでも活躍の場があります。

ただし、ライダー、キャスター、アサシンから受けるダメージは等倍なので注意しましょう。

殺生院キアラのスキル構成

強化優先度:太字下線>太字>なし

弱体耐性ダウンスキル1:千里眼(獣)D チャージタイム:9→7
効果:敵単体の弱体耐性をダウン(1ターン)+自身のNPを増やす
スキルLv.1スキルLv.10
弱体耐性
ダウン
50%100%
NP増加30%50%

↓強化後

弱体耐性ダウンスキル1:千里眼(獣)D+++ チャージタイム:8→6
効果:敵単体の弱体耐性をダウン(1ターン)&アーツカード耐性をダウン(1ターン)+自身のNPを増やす
スキルLv.1スキルLv.10
弱体耐性
ダウン
50%100%
Artsダウン20%30%
NP増加30%50%
破格のNPチャージとArts耐性ダウンの強力なスキル

スキル強化により、Arts耐性ダウン効果が追加されています。キアラはArts属性の宝具を持ちます。このArts性能ダウンの継続ターンは1ターンなので宝具を撃つ前に使用することで宝具によるより高いダメージを狙うことができます。

普段でしたら宝具を撃つ前にしか使用できないのでタイミングが制限されますが、このスキルにはNP50%チャージ効果がついています。

そのためNPがある程度溜まっていれば宝具をすぐに撃つことができるので、そこまでタイミングを考慮する必要がないのも嬉しい点です。

また、弱体耐性100%ダウン効果も嬉しいところです。キアラはスキル2で防御力ダウン効果を持つので、この効果がほぼ確定で敵に適用されるようになります。

流石に対魔力+女神の神核持ちのサーヴァントには弾かれることがありますが、ほぼほぼ100%決まると思って間違いはありません。

ただし、Arts耐性ダウンと弱体耐性ダウンの対象が単体であることは注意が必要です。キアラは全体宝具なので、対象が敵全体であると間違いやすいです。

敵の中でもっともHPの高い敵にカーソルを合わせてから使用するようにしましょう。

全ての効果がレベルの影響を受け、また倍率もかなり高くなります。周回、高難易度、ストーリーいずれの場面でも使用できるスキルなので、強化優先度は1番にしました。

チャージ減少スキル2:五停心観A チャージタイム:9→7
効果:敵全体のチャージを1つ減らす&防御力をダウン(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
防御力ダウン10%30%

↓強化後

チャージ減少スキル2:五停心観A チャージタイム:8→6
効果:敵全体のチャージを1つ減らす&強化状態を解除&防御力をダウン(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
防御力ダウン10%30%
スキル強化で強化解除効果が追加

スキル強化により、強化解除の効果が追加されました。当然確定で発動するので、相手の無敵や回避を剥がすのに役立ちます。

強化解除は複数の強化を一気に解除するので、敵がどれだけバフを付与していても関係ありません。

さらには範囲が全体なので、複数の敵に対してはその脅威を一気に減らすことができます。再使用まで最短で6ターンになるのも短くてうれしいです。

またチャージ減少は確定で入ります。敵の対魔力の効果を受けません。そのため敵の宝具発動まで1ターンを稼ぐことができます。

逆に防御力ダウンは対魔力の影響を受けます。とはいえキアラはスキル1で弱体耐性を大幅にダウンできるので、スキル1を使用した後にこのスキルを使用すればほぼ確実に決まると思って間違いないです。

もちろん、スキル1を使用していなくてもそれなりに防御力ダウンのデバフは入ります。3ターン持続で倍率も30%と高めなので、キアラの宝具や通常攻撃のダメージを上げてくれます。

スキルレベルで変動するのは防御力ダウンの倍率のみです。主に高難易度に対して真価を発揮しますが、スキル1の次にあげていく方針で問題はないでしょう。

最終的にはレベル10を目指したいところですね。

無敵スキル3:女神変生EX チャージタイム:8→6
効果:自身に無敵状態を付与(1ターン)&クリティカル威力をアップ(1ターン)&NP獲得量をアップ(1ターン)&弱体耐性をアップ(1ターン)&回復量をアップ(1ターン)&HPを3000減少【デメリット】
スキルLv.1スキルLv.10
全倍率30%50%
デメリットがあるものの、非常に強力な効果が並ぶ

HPが3000減るものの、無敵を始めとしてクリティカル威力アップ、NP獲得量アップ、回復量アップなど様々な効果を1ターンだけ付与します。

全ての倍率が最大で50%まで伸び、1ターンしか持続しないものの効果は絶大です。

また他の女神系スキルとは違ってスタンするわけではないので行動ができるのも大きなメリットです。

基本的には敵の宝具発動タイミングに合わせて使用します。このスキルを使用した後は積極的にキアラのコマンドカードを選択していきましょう。

強力なスキルではありますが、他のスキルを考慮すると強化優先度は3番目になります。こちらも可能ならばスキルレベル10を目指したいところです。

殺生院キアラのスキル総評

どのスキルも優秀で隙がありません。スキルレベルを上げる価値は十分にあります。

全スキル伝承結晶を使ってレベル10にしても良いくらいです。

レベル7までは輝石、魔石、秘石のみで上げられるので、とりあえず7を目標にして上げていきましょう。

殺生院キアラの霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目セイバーピースセイバーピース×52回目セイバーピースセイバーピース×12
キャスターピースキャスターピース×5キャスターピースキャスターピース×12
3回目セイバーモニュメントセイバーモニュメント×54回目セイバーモニュメントセイバーモニュメント×12
キャスターモニュメントキャスターモニュメント×5キャスターモニュメントキャスターモニュメント×12
素材合計銅素材
銀素材セイバーピース×17キャスターピース×17
金素材セイバーモニュメント×17キャスターモニュメント×17
スキル強化素材
Lv1→Lv2剣の輝石剣の輝石×5Lv2→Lv3剣の輝石剣の輝石×12
術の輝石術の輝石×5術の輝石術の輝石×12
Lv3→Lv4剣の魔石剣の魔石×5Lv4→Lv5剣の魔石剣の魔石×12
術の魔石術の魔石×5術の魔石術の魔石×12
Lv5→Lv6剣の秘石剣の秘石×5Lv6→Lv7剣の秘石剣の秘石×12
術の秘石術の秘石×5術の秘石術の秘石×12
Lv7→Lv8黒獣脂黒獣脂×5Lv8→Lv9呪獣胆石呪獣胆石×9
封魔のランプ封魔のランプ×5蛮神の心臓蛮神の心臓×9
Lv9→Lv10伝承結晶伝承結晶×1
素材合計銅素材剣の輝石×51術の輝石×51
銀素材剣の魔石×51術の魔石×51
金素材剣の秘石×51術の秘石×51黒獣脂×15封魔のランプ×15呪獣胆石×27
蛮神の心臓×27伝承結晶×3

殺生院キアラの強化素材について

アルターエゴクラスなのでLv7まではスキル強化石での育成が可能です。その後は金素材のみを要求するようになります。

とくに蛮神の心臓は不足しやすい素材です。とはいえ要求数は最大でも27なので、Lv9や10への育成を目指す場合はフリークエストの周回も視野に入れていきましょう。

殺生院キアラのクラススキル

クリティカルアップ獣の権能D:自身のクリティカル威力をアップ
単独行動単独顕現E:自身のクリティカル威力を少しアップ&即死耐性をアップ&精神異常耐性をアップ
防御力アップロゴスイーターC:自身の〔人型〕の敵からの攻撃に対する防御力をアップ
特攻付与ネガ・セイヴァーA:自身に〔ルーラー〕クラスへの特攻状態を付与

クラススキルが多いです。クリティカル威力アップも多めで、クリティカルに対してかなり高い適性を持つのが分かります。

また、キアラしか持たないクラススキル「ネガ・セイヴァー」によりルーラーに対してもクラス相性が有利となっています。

殺生院キアラの宝具

殺生院キアラの宝具宝具名:快楽天・胎蔵曼荼羅(アミダアミデュラ・ヘブンズホール)
宝具属性:Arts
効果:自身に無敵貫通状態を付与(1ターン)+敵全体に強力な防御力無視攻撃+自身のHPを回復<オーバーチャージで効果UP>
OCLv.1OCLv.5
Artsアップ20006000
攻撃力そのものが低い。どちらかと言うと回復宝具

宝具強化が来ていないこともあり、スキル1、スキル2を使用しても各敵に対して3万程度しかダメージを与えられません。

もちろん周回においてwave1やwave2程度なら何とかなりますが、wave3での高HPの相手はとてもじゃないですが倒しきれません。

どちらかというと回復宝具という認識の方が強く、スキル3で減ったHPを回復するのが目的だったりします。

宝具強化が来るとよりダメージが伸びるとは思いますので、そこは期待して待つようにしましょう。

殺生院キアラのコマンドカード

殺生院キアラ
Art2枚、Quick1枚、Buster2枚とバランスの良いカード構成です。

カード性能はArts、Quick共に微妙で、NP回収もスター発生も微妙な印象です。クリティカルを積極的に狙う事で回収しやすくなるので、クリティカル攻撃で回収することを心がけましょう。

ちなみにですがスキル1とスキル3のおかげでカード性能以外でのNP回収は得意です。コマンドカード性能は微妙ですが、NPは貯まりやすいと言えます。

アーツ中心のパーティに組み込めばArtチェインも狙いやすくなります。宝具もArts属性なので、積極的にArtsチェインを狙っていきましょう。

殺生院キアラが敵として出現した場合

宝具チャージ宝具チャージ3脅威度S
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

チャージは3です。チャージを進めるスキルを持っているので、かなり頻繁に宝具を撃ってきます。全体宝具かつ無敵貫通付きなので、味方が全滅する可能性も高いです。

またアルターエゴクラスゆえにこちらのキャスターが潰されやすいのも脅威です。有利クラスがバーサーカーしかいないこともさらに脅威度を上げています。

最高のSにしましたが、スキルや宝具を考えるとさらに上のSSという実感が強いです。

放置すればするほど味方が戦闘不能になっていくので、しっかりと対策を立てて一気に倒すようにしましょう。

殺生院キアラに装備したい概念礼装

宝具火力に関しては「黒の聖杯」を装備してもそこまで伸びるわけではないので、宝具火力よりもNP周りやクリティカル関連を補強しましょう。

NPに関してはストーリー、高難易度共に使用しやすい「笑顔のしるし」がおすすめです。Arts性能とNP獲得量、宝具威力と嬉しい効果が多いです。

クリティカル関連ではスター集中に関する礼装がおすすめです。クリティカル威力がアップする「熱砂の語らい」やスターが獲得できる「スター・オブ・キャメロット」もおすすめです。

ちなみに周回で使用する場合は「カレイドスコープ」や「虚数魔術」を装備させておけばすぐに宝具を撃つことができます。

概念礼装名効果
笑顔のしるし
笑顔のしるし
自身のArtsカード性能を10%アップ&NP獲得量を10%アップ&宝具威力を15%アップ

[限界突破時]自身のArtsカード性能を15%アップ&NP獲得量を15%アップ&宝具威力を20%アップ
熱砂の語らい
熱砂の語らい
自身のスター集中度を400%アップ&クリティカル威力を20%アップ

[限界突破時]自身のスター集中度を600%アップ&クリティカル威力を25%アップ
スター・オブ・キャメロット
スター・オブ・キャメロット
自身のスター集中度を400%アップ&毎ターンスター3個獲得状態を付与

[限界突破]自身のスター集中度を600%アップ&毎ターンスター4個獲得状態を付与
カレイドスコープ
カレイドスコープ
自身のNPを80%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のNPを100%チャージした状態でバトルを開始する
虚数魔術
虚数魔術
自身のNPを60%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のNPを75%チャージした状態でバトルを開始する

殺生院キアラと共に編成したいサーヴァント

Art宝具なので、玉藻の前と相性が良いです。瞬間的に大量のスターを供給するという意味ではアマデウスとの相性も良いです。

もちろん、定期的なスター供給役としてアンデルセンとも相性がいいです。これらのサポーターには「2030年の欠片」を装備させるようにしましょう。

関連記事

アマデウスについてまとめました。目次 1.基本ステータスとクラス 2.スキル構成 3.アマデウスの再臨、スキル素材まとめ 4.アマデウスの宝具について 5.敵として出現した場合、どうする? […]

関連記事

FGOの玉藻の前についてまとめました。周回性能が非常に高い全体宝具キャスターです。スキルや宝具、使い方などを確認していきましょう。目次 1.基本ステータスとクラス 2.スキル構成 3.玉藻の前の再臨、スキル[…]

玉藻の前のステータス

殺生院キアラの総合評価

青:強み、赤:弱み

高難易度、周回、ストーリーどこにでも活躍の場がある

スキル、宝具を見てみると、活躍の場が多いのが分かります。スキル1のNP獲得は50%と破格ですし、スキル2では高難易度向けの効果が並びます。

また、そもそもアルターエゴクラス自体が弱点を突かれにくいので、それなりに耐久力があるという評価もできます。

とりあえずで編成しておいてそれなりに活躍をしてくれる優秀なサーヴァントであることは間違いないでしょう。

宝具未強化とクラスの関係上、宝具のダメージは低め

宝具が未強化であることから、周回に関しては使用できるのはwave1かwave2です。HPの高い敵の登場するwave3では倒すのに時間がかかります。

また、アルターエゴと言うクラスの性質上有利クラス相手に与えるダメージは1.5倍なので専門となるクラス(キャスターに対するライダーなど)と比較するとどうしてもダメージは伸びません。

複数クラスが出現する場合には問題ありませんが、単一のクラスのみが敵の場合は使いにくいと言えますね。

クリティカルアタッカーの側面が強いサーヴァント
宝具による攻撃よりもクリティカルによる攻撃の方が得意なサーヴァントです。クラススキルなどによりクリティカル威力がアップしているので、サポーターにスターを供給してもらい、スター集中系の概念礼装を使用することで長期戦でも有利に戦えます。
周回よりも高難易度が活躍のメインですが、周回でまったく使えないというわけでもありません。
使用する場所を見極めて、活躍させましょう。
殺生院キアラのステータス
最新情報をチェックしよう!