【FGO】ジャンヌ・ダルク[オルタ]について解説!|各スキルや宝具の評価など

FGOのジャンヌ・ダルク[オルタ]についてまとめました。。詳細を見ていきましょう。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の基本ステータス

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のステータス

ステータス(HP,ATKはレベル90かつフォウ君強化済の値)
HP12,761ATK14,244
属性混沌・悪隠し属性人・アルトリア顔

全サーヴァント中1位のATKを持ちます。

しかも2位のクー・フーリン[オルタ]との差は約500ほどあり、大体☆5の平均的なサーヴァントと1500程度の差を持っていることになります。

この1500の差が大きく、純粋な等倍ダメージではジャンヌ・ダルク[オルタ]の右に出るものはいません。

逆にHPは☆5最低です。とはいえ、ATKの高さが目立ちすぎているので、こちらはそこまで気になりません。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のクラス

クラス:アヴェンジャーアヴェンジャークラス

アヴェンジャークラスです。攻撃力に1.1倍のプラスの補正がかかります。

そのためただでさえ高いジャンヌ・ダルク[オルタ]のATKがさらに上がります。

一方でクリティカル関連の補正はかなり低く、スキルでのサポートが重要になります。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のスキル構成

※強化優先度:太字下線>太字>なし

クリティカルアップスキル1:自己改造EX チャージタイム:7→5
効果:自身のクリティカル威力アップ(3ターン)&スター集中アップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
クリティカル
威力アップ
20%50%
スター集中400%800%
クリティカル運用の要となるスキル

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のクリティカル攻撃をサポートしてくれるスキルです。

倍率はまあまあといえます。スター集中については4倍にするとアヴェンジャーのスター集中補正は120なのでアーチャーやライダーに負けています。

レベル10で8倍にすれば240なので、どのクラスよりも勝ることになります。

どの場面でも活躍させるためには最低でもレベル7は必要です。

レベルアップにより倍率が上がります。強化優先度は3番目です。

確かにクリティカルは大きな強みであり、最終的には9か10を目指したいところです。

ですが、ジャンヌ・ダルク[オルタ]はクリティカルだけでなく宝具攻撃も得意です。

他の2つのスキルを上げた後にこのスキルを上げるようにしましょう。

攻撃力アップスキル2:竜の魔女EX チャージタイム:7→5
効果:味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)&〔竜〕特性を持つ味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
攻撃力アップ10%20%
竜特性の
攻撃力アップ
10%20%
竜特性の味方に2重バフをかけられる

味方全体の攻撃力をアップします。竜特性のサーヴァントのみアップ量が2倍になります。

竜特性を持つサーヴァントは多く、以下が一覧となります。

クラスサーヴァントクラスサーヴァント
セイバークラスアルトリア
モードレッド
アーサー
シグルド
アルトリア[オルタ]アルトリア・リリィ
ジークフリート
エリザベート・ブレイブ
アーチャークラス水着アルトリア
ランサークラスアルトリア
エリザベート
アルトリア[オルタ]清姫
ライダークラスアイコン水着アルトリア[オルタ]サンタアルトリア
水着モードレッド
キャスタークラスハロウィン・エリザベート
ジーク
酒呑童子
アサシンクラス謎のヒロインX
酒呑童子
バーサーカークラスアイコン謎のヒロインX[オルタ]清姫フォーリナークラス謎のヒロインXX

これらのサーヴァントと共に編成している場合は、最大で40%の攻撃力アップになります。

かなりの高倍率なので、貢献できます。対象でなくても最大で20%アップなのでまあまあの値です。

強化優先度は2番目としました。スキル3の後に上げていきましょう。

バスターアップスキル3:うたかたの夢A チャージタイム:8→6
効果:自身のBusterカード性能をアップ(1ターン)&無敵状態を付与(1ターン)&HP減少(1000固定)【デメリット】
スキルLv.1スキルLv.10
Busterアップ30%50%
無敵とBusterアップの複合スキル

無敵効果を自身に付与できます。無敵貫通以外を防げるので、この効果を所持しているサーヴァントの評価は高いです。ジャンヌ・ダルク[オルタ]もその例に漏れません。

また、Buster性能を最大で50%もアップすることができます。この倍率は全サーヴァントを見ても最高クラスの倍率です。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具はBuster属性なので、宝具威力の底上げにもつながります。

デメリットに1000の体力減少がついていますが、そこまで気になりません。宝具を撃つタイミングで使用しましょう。

強化優先度は1番目にしました。宝具威力に直結するスキルなので、優先的に上げていきましょう。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のスキル総評

3つ全てのスキルに役割があり、倍率もそれなりに高めです。

不要なスキルはなく、全てのスキルを上げていきましょう。最初は6を目標にし、最終的には9か10を目指したいところです。

スキルに対して優先度をつけましたが、カルデアの状況により優先度は変わってきます。

クリティカル支援サーヴァントが揃っているならスキル1ですし、そうでなければスキル3です。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目英雄の証英雄の証×102回目八連双晶八連双晶×10
虚影の塵虚影の塵×20無間の歯車無限の歯車×10
3回目鳳凰の羽根鳳凰の羽根×104回目血の涙石血の涙石×10
混沌の爪混沌の爪×10蛮神の心臓蛮神の心臓×10
素材合計銅素材英雄の証×10虚影の塵×20
銀素材八連双晶×10無間の歯車×10鳳凰の羽根×10
金素材混沌の爪×10血の涙石×10蛮神の心臓×10
スキル強化素材
Lv1→Lv2竜の牙竜の牙×10Lv2→Lv3凶骨凶骨×10
Lv3→Lv4世界樹の種世界樹の種×12Lv4→Lv5禁断の頁禁断の頁×12
Lv5→Lv6蛇の宝玉蛇の宝玉×12Lv6→Lv7ゴーストランタンゴーストランタン×15
Lv7→Lv8戦馬の幼角戦馬の幼角×15Lv8→Lv9蛮神の心臓蛮神の心臓×15
Lv9→Lv10伝承結晶伝承結晶×1
素材合計銅素材竜の牙×30凶骨×30
銀素材世界樹の種×36禁断の頁×36蛇の宝玉×36ゴーストランタン×45
金素材戦馬の幼角×45蛮神の心臓×45伝承結晶×3

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の強化素材について

アヴェンジャーなので素材を広く浅く要求してきます。

ですが、蛮神の心臓を全部で55個要求してくるのはかなり厳しいです。蛮神の心臓はイベントでも交換数が10個の場合が多く、フリクエでの周回はとてもしずらい編成となっています。

イベントクエストなどで周回しやすく、かつ落ちやすいものがあれば積極的に周回しましょう。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のクラススキル

復讐者復讐者B:自身の被ダメージ時に獲得するNPアップ+自身を除く味方全体<控え含む>の弱体耐性ダウン【デメリット】
忘却補正忘却補正A:自身のクリティカル威力をアップ
復讐者自己回復(魔力)A+:自身に毎ターンNP(4%)獲得状態を付与

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具宝具名:吼え立てよ、我が憤怒(ラ・グロンドメント・デュ・ヘイン)
宝具属性:Buster
効果: 敵単体に超強力な攻撃&強化無効状態を付与(1回)&呪い付与(5ターン)<オーバーチャージで効果UP>
OCLv.1OCLv.5
呪いダメージ5002500
高いATKゆえの、強力な単体宝具

宝具強化は来ていませんが、高いATKゆえに十分すぎるほどのダメージが出る宝具です。

アヴェンジャーなのでルーラーとバーサーカーが得意な相手ですが、目を見張るほどのダメージで敵を倒してくれます。

強化無効状態を付与してくれる点も嬉しいところです。全体宝具のアルトリア[ランサー]といった宝具発動前に無敵貫通を付与してくるサーヴァントに対する対抗策になります。

そういった敵と戦うときは、敵が宝具を撃ってくるタイミングでジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具を発動できると上手い具合に戦闘を進められます。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のコマンドカード

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のコマンドカード

Quick1枚、Arts2枚、Buster2枚の構成です。

Busterカードのヒット数が他のカードよりも多いという少し変わったサーヴァントです。

さすがにArtsを無視してBusterを選択するほどではありませんが、Busterカードは積極的に選択していきたいカードです。

また、EXアタックのヒット数も多めです。高いATKを生かすためにも、EXチェインができる場合は狙っていきましょう。

クラススキルで毎ターンNP回復があるので、そこまでNP獲得については困りません。ただ、Artsチェインが狙える場合は狙った方が得なケースが多いです。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]が敵として出現した場合

宝具チャージ宝具チャージ5脅威度B
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

チャージは5です。チャージを進めるスキルは持っていません。無敵貫通も必中もありません。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具についてですが、強化無効はすでに付与された強化には影響を及ぼしません

そのため、ジャンヌ・ダルク[オルタ]の宝具を防ぐために無敵を使っても、それが剥がされることはないので安心してください。

ただし、その後のバフは付与できません。そこは注意点です。

とくに脅威となる点もないので、いつも通りに対処すれば問題なく倒せます。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]に装備したい概念礼装

宝具威力を伸ばすかクリティカルを伸ばすかで分かれるでしょう。

単純に宝具火力を伸ばすなら「黒の聖杯」です。サポーターが居れば問題なく宝具を撃てます。

クリティカルを伸ばすなら、常時スター集中度を上げるために「熱砂の語らい」や「愛と希望の物語」がおすすめです。

上記礼装を所持していない場合は「封印指定執行者」でも問題はありません。

概念礼装名効果
黒の聖杯
黒の聖杯
自身の宝具の威力を60%アップ&毎ターンHP500減少状態付与【デメリット】

[限界突破時]自身の宝具の威力を80%アップ&毎ターンHP500減少状態付与【デメリット】
熱砂の語らい
熱砂の語らい
自身のスター集中度を400%アップ&クリティカル威力を20%アップ

[限界突破時]自身のスター集中度を600%アップ&クリティカル威力を25%アップ
愛と希望の物語
愛と希望の物語
自身のスター集中度を100%アップ&クリティカル威力を10%アップ&NPを50%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のスター集中度を200%アップ&クリティカル威力を15%アップ&NPを60%チャージした状態でバトルを開始する
封印指定執行者
封印指定執行者
自身のスター集中度を600%アップする

[限界突破時]自身のスター集中度を800%アップする

ジャンヌ・ダルク[オルタ]と共に編成したいサーヴァント

Buster性能がアップ出来て、スター供給ができて、NPもHPも回復できるマーリンとの相性は最高です。

とはいえ、そもそもジャンヌ・ダルク[オルタ]の性能自体が高すぎるので、居なくても大丈夫という話でもあります。

スター供給の役割を担ってもらう場合、戦場にサポーターがなるべく長くいてほしいのでマシュや孔明、ジャンヌ・ダルクとも相性が良いです。

スターを毎ターン獲得できる「2030年の欠片」を装備しましょう。短期決戦を狙うなら一気に大量のスターを獲得できる「ゴールデン捕鯉魚図」や「聖女の教示」などもおすすめです。

ただし、スターはサポーターが吸収していくので、ジャンヌ・ダルク[オルタ]のスキル1のスキルターンを縮めるか、スター集中度アップの礼装が必須です。

関連記事

マシュについてまとめました。ストーリーにより成長しますが、成長後の性能を解説していきます。どんなマスターであっても非常に使い勝手の良いサーヴァントですので、使い方を覚えておきましょう。基本ステータスについてHP:13,8[…]

ジャンヌ・ダルク[オルタ]の総合評価

最高のATKを持つ強力なサーヴァント

ATKの値が他のサーヴァントと比べて群を抜いています。何も装備しない状態でも14000のATKがあり、☆4フォウ君や概念礼装を装備すれば15000を容易に超えます。

また、元のATKが高めなので聖杯を入れる恩恵が大きいサーヴァントでもあります。聖杯を使用してレベル100にして、フォウ君も2000まで入れているマスターも少なくありません。

クラスはアヴェンジャーで、ルーラーとバーサーカー以外には等倍、BBには半減です。

他のアヴェンジャーは有利クラスが少ないことが欠点になりがちなのですが、ジャンヌ・ダルク[オルタ]はATKが高すぎて、むしろ半減されないことが大きなメリットになっています。

そのため、どこに連れて行ってもそれなりの活躍をしてくれるサーヴァントです。

最近の高難易度ではなかなか出番なし

非常に高いATKを持つジャンヌ・ダルク[オルタ]ですが、最近の高難易度はそのATKのみでは倒しきれないものばかりで、出番は少なめです。

被ダメージが半分にならないのが一番のネックで、それならば攻撃、防御ともに有利なクラスのサーヴァントを編成する方が安定してクリアできます。

とはいえ、ストーリークエストでは活躍できますし、討伐戦でもそれなりに活躍できるスペックです。

礼装で星出しをして、宝具を撃った後にクリティカルで1ターンで倒すという戦法も有効な場面があります。

活躍できるのはクエスト次第なのはどのサーヴァントも同じなので、ここぞというタイミングで使用しましょう。

ジャンヌ・ダルク[オルタ]のステータス
最新情報をチェックしよう!