哪吒について解説!周回で使えるNPチャージスキルと全体宝具持ち!

哪吒についてまとめました。NPチャージと全体宝具で、周回に貢献してくれます。また、クリティカル攻撃も狙いやすいという二つの特徴を持っています。

基本ステータスについて

ステータス(HP,ATKはレベル80かつフォウ君強化済の値)
HP13,112ATK10,284
属性中立・善隠し属性

現状、☆4のランサーの中では3番目のATKを持ちます。それでいてHPも高めであり、ステータスは高めに設定されています。

ATKは高いですが、周回に使う場合はATKフォウ君を1000入れておきましょう。倒せる敵の幅がさらに広がり、ストレスなく周回できるようになるでしょう。

クラス

クラス:ランサー

ランサークラスです。

攻撃力に1.05倍の補正がかかります。そのためダメージが伸びやすいです。

また、スター発生、スター吸収ともに平均程度の補正を持ちます。哪吒はクリティカル攻撃を目的とした運用もできるので、十分なレベルです。

スキル構成(強化優先度:太字下線>太字>なし)

スキル1:道術 A チャージタイム:7→5
効果:自身のクイックカード性能をアップ(3ターン)&バスターカード性能をアップ(3ターン)&クリティカル威力をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
Quick性能
アップ
10%20%
Buster性能
アップ
10%20%
クリティカル
威力アップ
20%30%

対象は自身ですが、Quick、Buster、クリティカル威力の3つを上げてくれる優れたスキルです。

各倍率は、正直言って低いとしか言えませんが、3つの効果が一度にかかるので仕方のないことでしょう。

宝具がBuster性能なので、周回で使用する場合は必須のスキルです。

また、クリティカル攻撃を目的とした運用をする場合も、クリティカル威力アップにより恩恵が得られます。

全ての効果の倍率がスキルレベルに依存します。そのため、強化優先度は1番です。

スキル2:霊珠子 A チャージタイム:9→7
効果:自身に1回ガッツ状態(5ターン)を付与&NPを増やす
スキルLv.1スキルLv.10
ガッツ時
HP
10002000
NP獲得10%20%

自身にガッツ状態を付与できます。こちらは普通の効果です。

どちらかというとNPを増やす効果の方が重要です。スキルレベルに依存しますが、最大で20%のチャージが可能です。

スキルレベル10が前提ですが、カレイドスコープを装備していれば、このスキルを使用してすぐに宝具が撃てます。

哪吒は全体宝具です。さらにNPチャージスキル持ちなので、3ターン周回などに役立つでしょう。

周回を前提に考える場合、このスキルがなければ他サーヴァントの助けが必要になるので優先度は1番です。

しかし、哪吒はクリティカルでの運用もできるので、その場合は優先度は高くなりません。

以上をふまえて、優先度は2番目としました。

スキル3:如来の加護 B  チャージタイム:7→5
効果:自身のスター集中度をアップ(1ターン)&弱体状態を解除
スキルLv.1スキルLv.10
スター
集中度
300%500%

哪吒はランサークラスです。ライダークラスほどではないにせよ、それなりのスターは集まってくるクラスです。

結論から述べると、レベル1でも十分な働きができます。他の味方サーヴァントが全員ライダーであっても、ある程度のスターを集めることは可能です。

余裕があればレベルを上げてもいいと思いますが、別にレベル1でも問題はないです。

気になるようなら輝石と魔石のみを使って4まで上げれば大丈夫です。

スキル総評

周回とクリティカル攻撃に特化したスキルが多いです。どちらを目的にするかによって、育てるスキルも変わってきます。

周回を目的にするのか、クリティカル攻撃を目的にするのか、よく考えて育成していきましょう。

霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目ランサーピース×42回目ランサーピース×10
無間の歯車×6
3回目ランサーモニュメント×44回目ランサーモニュメント×10
ホムンクルスベビー×8混沌の爪×5
混沌の爪×3戦馬の幼角×6
素材合計銅素材
銀素材×14×6×8
金素材×14×8×6
スキル強化素材
Lv1→Lv2槍の輝石×4Lv2→Lv3槍の輝石×10
Lv3→Lv4槍の魔石×4Lv4→Lv5槍の魔石×10
ホムンクルスベビー×4
Lv5→Lv6槍の魔石×4Lv6→Lv7槍の魔石×10
ホムンクルスベビー×8無間の歯車×4
Lv7→Lv8無間の歯車×8Lv8→Lv9魔術髄液×45
魔術髄液×15枯淡勾玉×20
Lv9→Lv10伝承結晶×1
素材合計銅素材×42×180
銀素材×42×36×36×60
金素材×42×3
素材について

なんといっても魔術髄液180が重いです。1.5部から登場する素材ですが、そのフリークエストが主な入手元です。

過去にボックスイベントの景品になったことがあるので、余っている人は余っている、足りない人は足りないと極端に分れる素材ですね。

他のサーヴァントで魔術髄液を要求するサーヴァントは少ないです。ですが、そのいずれも3桁を要求することが多いので注意しましょう。

一方で、金素材は一つもありません。そこに関しては良心的と言えるのかもしれませんね。

クラススキル

対魔力A:自身の弱体耐性をアップ

一般的な対魔力スキルです。ランクAは弱体耐性を20%アップ。このランクを持つサーヴァントは多くありません。

そのため、他のサーヴァントに比べて、弱体にかかりにくいです。

宝具

宝具名:地飛爽霊 火尖槍(ちひそうれい かせんそう)
宝具属性:Buster
効果: 自身の宝具威力をアップ(1ターン)<オーバーチャージで効果アップ>+敵全体に強力な攻撃&やけど状態を付与(5ターン・1000固定)
OCLv.1OCLv.5
宝具威力アップ20%60%

宝具による攻撃前に、最低でも20%の宝具威力アップが入ります。そのため宝具のダメージが伸びやすく、高いATKと相まってHPの高い敵でも倒すことができます。

競合でもあるジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィで倒せない場合は、哪吒を使用してみましょう。

コマンドカード

Quick2枚、Art1枚、Buster2枚と、少し珍しい構成ですね。

カード性能はかなり良いです。NP効率、スター発生効率ともに高い水準です。クリティカル攻撃を狙うにはスターが必須ですが、Quickカード性能が高いので、哪吒の攻撃によるスター発生も多少は期待できます。

Artカードは1枚しかないので、Artチェインはしずらいかもしれません。クリティカルでのNPチャージを基本にしながら、できるときはArtチェインをするようにしましょう。

敵として出現した場合

宝具チャージ脅威度A
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

宝具チャージは4です。

注意したいのが、スキル「霊珠子」です。このスキルにより、哪吒の宝具チャージが1進みます。

ゲージが3たまっているときにこのスキルを使われると、全体宝具を撃たれてしまいます。宝具威力アップが入る宝具なのでサーヴァントが戦闘不能になる可能性が高いです。

可能な限り早く倒して、こちらの被害を押さえましょう。

装備したい概念礼装

目的により装備する概念礼装が変わってきます。周回で用いたい場合、スキル2のスキルレベルが10であることが前提ですが、「カレイドスコープ」と組み合わせてNPを100%にできます。

クリティカルの運用を考える場合、スターの供給力が少し不足しているので「2030年の欠片」などでスターを供給して上げると良いでしょう。

また、「トゥリファスにて」はスター、クリティカル威力、NP獲得量を全て増やしてくれる優れた礼装です。こちらもおすすめですね。

概念礼装名効果

カレイドスコープ
自身のNPを80%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のNPを100%チャージした状態でバトルを開始する

2030年の欠片
自身に毎ターンスター8個獲得状態を付与

[限界突破時]自身に毎ターンスター10個獲得状態を付与

トゥリファスにて
自身のNP獲得量を10%アップ&クリティカル威力を10%アップ&毎ターンスター3個獲得状態を付与

[限界突破時]自身のNP獲得量を15%アップ&クリティカル威力を15%アップ&毎ターンスター4個獲得状態を付与

ともに編成したいサーヴァント

ランサークラスで固めて周回をするなら、同じようなスキル構成であるジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィとの相性は良いです。

それ以外ではNPを20以上供給できるサーヴァントとなら誰とでも組めるでしょう。

クリティカルをメインとした運用を行う場合、スターを供給できるパートナーが望ましいです。

同じランサークラスならば水着茨木童子や水着頼光、レオニダスなどですね。いずれのサーヴァントも宝具で数多くのスターを供給してくれます。

総合評価

クリティカル能力は優秀だが、編成難易度が高い

クリティカル運用で考えるとそれなりに優秀なサーヴァントです。ランサーで固められるクリティカルパーティの一員になれるでしょう。

その代わり、スター供給の役割を連れてくる必要があり、その代表が水着サーヴァントなので編成難易度が高めです。

周回では、上位互換が居るので注意

一方で周回ではというと、実は同列、または上位互換が多い現状です。

NP20%チャージは配布サーヴァントであるジャンヌ・ダルク・オルタ・サンタ・リリィが所持しています。

また、☆5になりますが、アルトリア[ランサー]とエレシュキガルがNP50%チャージ持ちです。

これらのサーヴァントを持っている場合はあまり魅力を感じないかもしれません。

クリティカル運用にせよ、周回運用にせよ、スキルのレベルや概念礼装、敵エネミーの情報など、マスターの技量が試されるサーヴァントと言えますね。

最新情報をチェックしよう!