【FGO】ヘラクレスについて解説|各スキルや宝具の評価など

FGOの☆4バーサーカーサーヴァント「ヘラクレス」についてまとめました。スキルや宝具、使い方などを確認していきましょう。

ヘラクレスの基本ステータス

ヘラクレスのステータス

ステータス(HP,ATKはレベル80かつフォウ君強化済の値)
HP11,655ATK11,327
属性混沌・狂隠し属性天・神性・ギリシャ神話系男性

☆4バーサーカー1位のATKを持ちます。☆4全体で見ても第2位のATKです。(1位はゴルゴーン)

そのため、全体的なダメージがどのサーヴァントよりも伸びます。

☆5のATKの低いサーヴァントにも勝るほどの高さで、使っていて気持ちの良いサーヴァントです。

HPも☆4バーサーカーの中ではそこまで低くない値です。全体的に高いステータスと言えますね。

ヘラクレスのクラス

クラス:バーサーカー

ATKに1.1倍のプラスの補正がかかります。

これにより、表記されているATKよりも攻撃力が上がり、ダメージが伸びます。

その分スター関連の補正はかなり低めですが、Busterカードを選択して敵を倒すのがヘラクレスの戦い方なので、とくに大きな影響は与えていません。

ヘラクレスに合ったクラスといえるでしょう。

ヘラクレスのスキル構成

※強化優先度:太字下線>太字>なし

スキル1:勇猛A+ チャージタイム:7→5
効果:自身の攻撃力をアップ(3ターン)&精神異常弱体耐性アップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
攻撃力アップ10%31%
精神弱体異常
耐性アップ
21%42%
ヘラクレスのダメージソーススキル

ランクがかなり高く、レベル10にすると31%の攻撃力アップを3ターン付与できます。

宝具使用時に使うのはもちろん、Busterカードが多いときに使用するのも良いでしょう。圧倒的な攻撃力で敵を倒してくれます。

もう一つ、精神弱体異常もあります。ですが、こちらはおまけ程度の効果です。メインは攻撃力アップですね。

ヘラクレスの宝具だけでなく運用そのものに関わるスキルです。最優先で上げていきましょう。

回避スキル2:心眼(偽)B チャージタイム:8→6
効果:自身に回避状態を付与(1ターン)&クリティカル威力アップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
クリティカル
威力アップ
18%36%
回避スキル。クリティカル威力アップはおまけ程度

多くのサーヴァントが所持する心眼スキルです。回避を1ターン付与し、同時にクリティカル威力もアップしてくれます。

ヘラクレスはバーサーカークラスであり、スターを吸収する補正は低いです。スターを発生させる手段も乏しく、クリティカル威力アップの効果はおまけ程度の効果ですね。

重要なのは回避のほうで、主に敵の宝具回避に使います。1ターンしか持続しないので、使いどころに注意しましょう。

このスキルを使わずに戦闘不能なんていう事も運が悪ければ十分にあり得ます。

強化優先度は2番目としました。スキルターンの短縮を主に狙いましょう。

ガッツ付与スキル3:戦闘続行A チャージタイム:9→7
効果:自身にガッツ状態を付与(5ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
ガッツ時
HP
10002500
ガッツスキル。生存に貢献してくれる

一般的なガッツスキルです。戦闘不能時にHPを回復して復活します。

レベルにより、ガッツ時のHPが変動します。とはいえヘラクレスはバーサーカークラスであり、それゆえにHP回復量が1000でも2500でも次の一撃で戦闘不能です。

ガッツそのものに意味があるので、レベルを上げる恩恵はありません。

強化優先度は3番目です。最後に上げていきましょう。

へラクレスのスキル総評

初期サーヴァントでありながら、シンプルで強いスキルが並びます。

とくにスキルの効果が回避やガッツといった耐久よりになっているのが素晴らしいです。

バーサーカーは長い間戦場に残れるだけで評価が上がるので、これだけでもヘラクレスは強いと言えるでしょう。

また、そこまでレベルの恩恵を受けないところも良いところです。育成の際はとりあえずスキル1だけ上げる、という方針でも問題なく戦えます。

ヘラクレスの霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目バーサーカーピースバーサーカーピース×42回目バーサーカーピースバーサーカーピース×10
八連双晶八連双晶×6
3回目バーサーカーモニュメントバーサーカーモニュメント×44回目バーサーカーモニュメントバーサーカーモニュメント×10
蛮神の心臓蛮神の心臓×4竜の逆鱗竜の逆鱗×4
混沌の爪混沌の爪×3混沌の爪混沌の爪×5
素材合計銅素材
銀素材バーサーカーピース×14八連双晶×6
金素材バーサーカーモニュメント×14混沌の爪×8蛮神の心臓×4竜の逆鱗×4
スキル強化素材
Lv1→Lv2狂の輝石狂の輝石×4Lv2→Lv3狂の輝石狂の輝石×10
Lv3→Lv4狂の魔石狂の魔石×4Lv4→Lv5狂の魔石狂の魔石×10
蛮神の心臓蛮神の心臓×2
Lv5→Lv6狂の秘石狂の秘石×4Lv6→Lv7狂の秘石狂の秘石×10
蛮神の心臓蛮神の心臓×4八連双晶八連双晶×4
Lv7→Lv8八連双晶八連双晶×8Lv8→Lv9英雄の証英雄の証×45
英雄の証英雄の証×15竜の逆鱗竜の逆鱗×8
Lv9→Lv10伝承結晶伝承結晶×1
素材合計銅素材狂の輝石×42英雄の証×180
銀素材狂の魔石×42八連双晶×36
金素材狂の秘石×42蛮神の心臓×18竜の逆鱗×24伝承結晶×3

ヘラクレスの強化素材について

初期サーヴァントなので不足しがちな素材を要求してきます。

蛮神の心臓や竜の逆鱗、英雄の証などが厳しめですね。スキル1がスキルレベルの恩恵を受けるので、最低でもスキル1だけを上げる育成方針でも問題はありません。

ヘラクレスのクラススキル

凶化B:自身のバスターカードの性能ををアップ
神性神性A:自身に与ダメージプラス状態を付与

ヘラクレスの宝具

ヘラクレスの宝具宝具名:射殺す百頭(ナインライブズ)
宝具属性:Buster
効果:敵単体に超強力な攻撃&防御力ダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果UP>
OCLv.1OCLv.5
防御ダウン10%30%
防御力ダウンは後から入るので宝具には影響しない

宝具ダメージそのものはバーサーカークラスとしては低い部類に入ります。

攻撃力アップスキルがスキル1しかないことと、宝具強化が来ていないことが要因ですね。

ちなみに、防御力ダウンは宝具による攻撃後に入るので宝具のダメージには影響しません。

ですが3ターン持続するので、その後の他のアタッカーの攻撃には良い影響を与えます。複数のサーヴァントで宝具を撃つ場合はヘラクレスの宝具は最初に持ってきましょう。

ヘラクレスのコマンドカード

ヘラクレスのコマンドカード
バーサーカーによくあるBusterカード3枚構成です。Busterカードで攻撃をするのが基本運用になります。

しかし、Art、Quickのカード性能も悪くはありません。最後に一人残ってもNPをためられるくらいには優秀です。

最初から起用する場合は積極的にArtsチェインを狙っていきましょう。

ヘラクレスが敵として出現した場合

宝具チャージ宝具チャージ5脅威度A
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

宝具チャージは5で、宝具チャージを増やすスキルはありません。

無敵貫通や必中といったスキル、宝具は所持していないので脅威ではありません。

スキル構成自体はとくに脅威ではありませんが、回避スキルを使用してくるので戦闘が長期化する可能性があります。

長期戦になると厳しいものがあるので、できればなるべく早く倒したいところです。

単体宝具の強力なサーヴァントを編成して、一気に倒してしまいましょう。

ヘラクレスに装備したい概念礼装

絆レベル10で入手できる絆礼装が恐ろしく強いです。効果のみ以下に掲載しますが、これを装備してサブメンバーの最後に配置するだけで、単騎で最後に戦えます。

絆礼装を持っていない場合はBuster性能をアップできる「リミテッド・ゼロ・オーバー」や攻撃力のアップする「ゴールデン相撲~岩場所~」がおすすめです。

概念礼装名効果
絆礼装ヘラクレス(バーサーカー)装備時のみ、自身にガッツ状態(HP回復500)を3回付与
リミテッド/ゼロオーバー
リミテッド
/ゼロオーバー
自身のバスターカードの性能を25%アップする

[限界突破時]自身のバスターカードの性能を30%アップする
ゴールデン相撲
ゴールデン相撲
~岩場所~
自身の攻撃力を10%アップ&NPを30%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身の攻撃力を15%アップ&NPを50%チャージした状態でバトルを開始する

ヘラクレスと共に編成したいサーヴァント

ターゲット集中などでヘラクレスを守れるサーヴァントがおすすめです。初期からいるマシュやゲオルギウス、スパルタクスなどが候補に挙がります。

純粋にダメージを追い求めるなら、マーリンやシェイクスピアなどもおすすめです。

関連記事

マシュについてまとめました。ストーリーにより成長しますが、成長後の性能を解説していきます。どんなマスターであっても非常に使い勝手の良いサーヴァントですので、使い方を覚えておきましょう。基本ステータスについてHP:13,8[…]

関連記事

ゲオルギウスについてまとめました。高難易度において活躍するサーヴァントです。低レアですが、他のサーヴァントにはない強みを持っています!しっかりと理解して使っていきましょう!基本ステータスについてHP:10,200/ATK[…]

関連記事

シェイクスピアについてまとめました。マーリンが居ない場合に、Busterサポーターとして候補に挙がるサーヴァントです。能力をしっかりと理解して、クエスト攻略を有利に進めましょう。目次 1.基本ステータスとクラス[…]

ヘラクレスの総合評価

敵をBusterカードでなぎ倒していく王道バーサーカー

ATKが高いので、3枚あるBusterカードで敵を倒していく正統派ともいえるバーサーカーです。

クリティカルなどに頼らず、純粋な攻撃のみで倒していくその戦い方はみていて気持ちの良いものがあります。

また、絆礼装を装備することで殿をつとめることができ、その時に真価を発揮するサーヴァントです。

FGOのシステムは少し特殊です。ガッツ時の流れは「戦闘不能→そのサーヴァント以外にサーヴァントが居ないか確認→居ない場合はターン終了→ガッツ発動→戦闘継続」となります。

そのため、3回のガッツが残った状態で単騎になると、少なくとも4ターンは自由に行動する猶予が与えられるという事です。

これは高難易度において非常に大きく、この最後の4ターンで勝敗が決することも少なくはありません。

また、単騎になる以上コマンドカードを選び放題です。そのためコマンドコードとも相性が良いです。

かなりメリットの多い初期サーヴァントといえますね。

真価を発揮するまでが長い

絆礼装を装備することで真価を発揮しますが、絆礼装を手に入れるのが大変なのはよくご存じの事だと思います。

正直に言ってしまうと、絆礼装のないヘラクレスはちょっと強い程度のバーサーカーであって、これならば他のバーサーカーでもいいなぁと思うことも少なくありません。

回避も1ターンのみですし、ガッツも回数が1回なら他にもいますからね。

それゆえ真の実力を発揮するまでが長いというのが一番の問題点です。そのためにサブメンバーに入れて色々な場所に連れていく必要があります。

マスターレベル140越えでヘラクレスの絆礼装を持っていないというマスターも多いです。

積極的に編成に入れないといけないので、カルデアによっては絆レベルが5のままのこともあります。

レベルやスキルレベルと違いすぐに解決しない問題なので、これは少し厳しいですね。もしも本気で育てようと思っている場合は、時間がかかるという事だけは覚えておきましょう。

ヘラクレスのステータス
最新情報をチェックしよう!