【FGO】ガウェインについて解説|各スキルや宝具の評価など

ガウェインについてまとめました。運用法について見ていきましょう

ガウェインの基本ステータス

ガウェインのステータス

ステータス(HP,ATKはレベル80かつフォウ君強化済の値)
HP12,419ATK11,173
属性秩序・善隠し属性地・愛する者

☆4セイバーとしては高めのATKを持ちます。HPは低めですが、ガウェインは攻撃宝具なのでHPの低さはあまり気になりません。

フォウ君はATKは1000入れておきましょう。周回でも使用できるサーヴァントなので、ATKは他のサーヴァントに比べても重要度が高めです。

ガウェインのクラス

クラス:セイバー

セイバークラスです。特にプラスの補正もマイナスの補正もありません。

有利クラスはランサークラスです。敵編成を見てランサークラスが登場するようならば編成しましょう。

ガウェインのスキル構成

※強化優先度:太字下線>太字>なし

攻撃力アップスキル1:聖者の数字 EX チャージタイム:7→5
効果:自身の攻撃力を20%アップ(3ターン)&〔陽射し〕のあるフィールドにおいてのみ、自身のバスターカード性能をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
Busterアップ20%30%
攻撃力アップと条件付きのBusterアップスキル

攻撃力を20%アップするスキルです。こちらの効果はレベルに依存しないので、レベル1でも効果が期待できます。

もう一つは条件付きですが自身のBuster性能をアップするスキルです。場面が限定されており、屋内などでは効果が発動しません。

日差しのあるステージならばガウェインの宝具の威力が50%アップします。非常に強力なスキルです。

恩恵がもっとも大きいので、強化優先度は一番に設定しました。

攻撃力アップスキル2:カリスマ E チャージタイム:7→5
効果:味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
攻撃力アップ6%12%
倍率は最低クラス

多くのサーヴァントが持つカリスマスキルです。ランクがEと低く、倍率もかなり低めに設定されています。

一応ガウェインの宝具ダメージに多少は貢献してくれるので、強化優先度は2番目にしています。

それでもかなり低めな倍率なので、余裕のあるレベルまで上げて放置するのもありでしょう。

NPチャージスキル3:ベルシラックの帯 EX  チャージタイム:8→6
効果:自身のNPを20%増やす&スターを獲得&ガッツ状態を付与(1ターン)
スキルLv.1スキルLv.10
スター獲得5個10個
ガッツ時HP10002000
レベル1で役割はほぼ終了している

自身のNPを20チャージできる優秀なスキルです。セイバークラスには周回要因となれるような全体宝具とNPチャージスキル両方を持ったサーヴァントが非常に少ないです。

そのためこのスキルを所持するというだけでガウェインの周回での評価は高くなります。

ちなみにそれ以外にもスター獲得とガッツ付与があります。ですがスターは獲得したところで生かせるスキルが他になく、ガッツに関してはガッツそのものに価値があります。

そのためこのスキルのレベルを上げる恩恵はほとんどない言っても過言ではありません。最悪レベル1でも十分使用できます。

ガウェインのスキル総評

攻撃的なスキル1とスキル2に、NPがチャージできるスキル3など、周回で使ってくれと言わんばかりの性能をしています。

それでいてスキルレベルは高いものを要求しないので、手に入れて霊基再臨さえ済ませれば周回に使用できます。

ガウェインの霊基再臨、スキル強化素材

霊基再臨素材
1回目セイバーピースセイバーピース×42回目セイバーピースセイバーピース×4
八連双晶八連双晶×6
3回目セイバーモニュメントセイバーモニュメント×44回目セイバーモニュメントセイバーモニュメント×10
大騎士勲章大騎士勲章×8大騎士勲章大騎士勲章×16
竜の逆鱗竜の逆鱗×4英雄の証英雄の証×30
素材合計銅素材英雄の証×30
銀素材セイバーピース×14八連双晶×6大騎士勲章×24
金素材セイバーモニュメント×14竜の逆鱗×4
スキル強化素材
Lv1→Lv2剣の輝石剣の輝石×4Lv2→Lv3剣の輝石剣の輝石×10
Lv3→Lv4剣の魔石剣の魔石×4Lv4→Lv5剣の魔石剣の魔石×10
竜の逆鱗竜の逆鱗×2
Lv5→Lv6剣の秘石剣の秘石×4Lv6→Lv7剣の秘石剣の秘石×10
竜の逆鱗竜の逆鱗×4八連双晶八連双晶×4
Lv7→Lv8八連双晶八連双晶×8Lv8→Lv9竜の牙竜の牙×36
竜の牙竜の牙×12精霊根精霊根×8
Lv9→Lv10伝承結晶伝承結晶×1
素材合計銅素材剣の輝石×51竜の牙×144
銀素材剣の魔石×51八連双晶×36
金素材剣の秘石×51竜の逆鱗×18精霊根×24伝承結晶×3

ガウェインの素材について

竜の牙を3桁要求してきます。かなり競合する素材で、かつ不足しやすいです。

ガウェインのスキルには優先度や役割がはっきりとしているので、必要なスキルを取捨選択してレベルを上げていきましょう。

ガウェインのクラススキル

対魔力B:自身の弱体耐性を少しアップ
騎乗B:自身のQ性能をアップ

ガウェインの宝具

ガウェインの宝具宝具名:転輪する勝利の剣(エクスカリバー・ガラティーン)
宝具属性:Buster
効果:敵全体に強力な攻撃&スキル封印状態を付与(1ターン)&やけど状態を付与(5ターン)<オーバーチャージで効果UP>
OCLv.1OCLv.5
やけどダメージ10005000
宝具ダメージは控えめだが、周回で使う分には十分

宝具の強化も来ていないので、ダメージそのものはかなり控えめです。ですが周回でwave1かwave2に使用するなら十分なダメージなので、そこまで気にはなりません。

強化が来たとしても、使っている感覚からするとwave3の高いHPのエネミー相手には使えなさそうな印象です。

現状で十分なスペックと、それを活かせる場所は与えられていると考えていいでしょう。

ガウェインのコマンドカード

ガウェインのコマンドカード

Quick1枚、Art1枚、Buster3枚の構成です。まるでバーサーカーのような攻撃的なコマンドカードです。

Arts性能そのものは悪くはありません。Quickも平均的な性能です。

とはいえBuster3枚構成なのでNPを貯めるのは苦手です。スター発生も得意ではありません。

基本的には周回で使用するサーヴァントなのでコマンドカード性能はそこまで気にしなくていいですね。

ガウェインが敵として出現した場合

宝具チャージ脅威度B
※脅威度一覧
S:放置するとパーティが全滅する可能性あり。対策を講じて対処すること
A:放置すると被害甚大の可能性あり。速やかに対処すること
B:放置すると被害が出る可能性あり。脅威度A以上の敵がいなければ対処すること
C:放置しても被害は軽微。倒すのは後回しで問題なし

6章で登場するガウェインは例外として、特殊バフがないのならそこまで脅威となる相手ではありません。

スキル3で宝具チャージを増加してきますが、それだけです。宝具チャージに注意しながらいつも通りに対処していきましょう。

ガウェインに装備したい概念礼装

周回での活躍が主な場です。「カレイドスコープ」さえ準備すれば周回で使用できます。

単純にBusterカードで殴っていくだけなら「リミテッド/ゼロオーバー」もおすすめです。

概念礼装名効果
リミテッド/ゼロオーバー
リミテッド/ゼロオーバー
自身のバスターカードの性能を25%アップする

[限界突破時]自身のバスターカードの性能を30%アップする

カレイドスコープ
自身のNPを80%チャージした状態でバトルを開始する

[限界突破時]自身のNPを100%チャージした状態でバトルを開始する

ガウェインと共に編成したいサーヴァント

周回で使用することを考えるととくにおすすめのサーヴァントは居ません。

Busterカードで殴っていくことを考えるならマーリンやシェイクスピアなどと相性が良いです。

関連記事

シェイクスピアについてまとめました。マーリンが居ない場合に、Busterサポーターとして候補に挙がるサーヴァントです。能力をしっかりと理解して、クエスト攻略を有利に進めましょう。目次 1.基本ステータスとクラス[…]

ガウェインの総合評価

※青:強み、赤:弱み

周回で活躍するサーヴァント

スキルが非常に攻撃寄りで、スキル3との関連性から周回に対する適正が非常に高いです。セイバークラスには周回に適性を持ったサーヴァントが少ないので、宝具レベル1でも持っていると使う機会はちらほらあります。

低めの宝具ダメージもwave1かwave2で使用することを考えれば問題にはなりません。

wave3までの繋ぎをスムーズにするために使用するのがもっとも多い使い方でしょう。

周回以外での使い道はないと言っていい

周回に対して適正がありますが、宝具火力は低く、またカード性能の関連からNP回収も得意ではありません。

ストーリーで使えないこともないですが、さすがに最近のストーリーだとレベルが高すぎて力不足を感じてしまいます。

周回用のサーヴァントと割り切って使用していくのが一番良いでしょう。

ガウェインのステータス
最新情報をチェックしよう!